“The greatness of a nation and its moral progress
can be judged by the way its animals are treated”.

国の偉大さ、 道徳的発展は、 その国における 動物の扱い方で判る。

2012年09月13日

Before & After 2012。

ははは。


3日連ちゃんでアップなんて・・・

奇跡的!?



前回アップした



こちらの

鬼嫁円からの愛情入り

真っ赤なバラ付きプレゼント。





2012.9.2 007.JPG





なんてったって

“愛情入り”やもの☆





DSCF4121.JPG





大切に保管しようとしてた





矢先。





ほんのちょっと

目を話した





その矢先。





DSCF4122.JPG





無惨にも・・・

真っ赤なバラは





怪獣の腹ん中へ。(むかっ(怒り)





2011.8.29 002.JPG
(なにか?)





・・・・・・・。



見事な

Before & After。



にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

まだまだ残暑はきびしぃぜぃ!
Sorry to 華ママさん&銀パグさん。




 
posted by Tiare at 19:21| Comment(4) | TrackBack(0) | はじめに。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

☆はじめまして☆

Hello.
こんにちは。

Nice to meet you all.
みなさん、はじめまして。

I am a black pug puppy called K.C.
黒パグの仔犬K.C.です。

I'm just getting used to my master and the house.
ちょうど飼い主さんにも、この家にも慣れてきたかんじです。



My master often calls me "littele monster".
僕の飼い主さんは、よく“little monster”と僕のことを呼びます。

Because I always run and jump around the room, and get so excited playing with my master.
なぜなら僕は、いつも走り回ったり飛び回ったり、飼い主さんと遊ぶ時は興奮しちゃうから。

Well, I bite my master sometimes, not really strong or anything but maybe that's why I'm called so.
まぁ時々飼い主さんを噛んじゃうんやけど、別に強くじゃないけど、
それで僕は“littele monster”って呼ばれてるのかも。

I am going to try to write in English in the blog.
このブログは、英語で書くよう挑戦してみます。

I'm going to write about good pets' stuff, information, and so on for such as a pet like me.
僕のようなペット達のための、おすすめペット商品や情報を書いていきます。

My English is not that great though I will try.
つたない英語ですが、頑張ります。

If my English is something wrong, please correct or tell me better way for me. Thank you.
もし何か英語に間違いがあれば、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。




posted by Tiare at 22:41| Comment(1) | はじめに。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

免責事項

【免責】
当サイトの利用にあたって、いかなる不利益・損害、期待した効果が得られなかったとしても一切責任を負いません。自己責任において行動して下さい。

【著作権について】
当サイトの内容の一部または全文について転載することを堅く禁止します。悪質な場合には厳しく追求していきます。

【リンクについて】
当サイトは完全にリンクフリーです。あらゆるページにおいてリンクをはっていただく際に筆者の許可は必要ありません。
posted by Tiare at 19:55| Comment(0) | はじめに。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。